INTERNATIONAL

Concept

美しさとは単に外見だけのものではなく、あなたが何をどのように行ってきたのかという内面も含めて全てです。
本当の美しさは、あなたが正しい決断をした時に輝くのです。
それが私たちの哲学であり、カルチャーです。
ラ・ビオステティークでは「トータルビューティー文化」と呼んでいます。

生命と美しさ。生物学と美学。
天然成分、最新の研究、そして美への情熱、それらの組み合わせが、当初よりラ・ビオステティークブランドの哲学を決定づけてしてきました。
プレミアムクオリティは単なる選択肢ではありません。それが前提条件です。それが「トータルビューティーの文化」のルーツです。

ブランド名の由来
LA = Laboratory = 実験室
BIO = Biology = 生物学
STHETIQUE = Aesthetic = 美学

LA BIOSTHETIQUE
ラ・ビオステティーク

History

私たちの起源は、1947年にフランスの化学者 Marcel Contier が、娘の皮膚の病気を治すために作ったクリーム。つまりその基本には「皮膚科学」という考え方があります。
天然由来の成分と生化学(バイオケミストリー)の調和から毛髪、美容製品を生み出すという情熱から1972年に創立されました。それから70年以上の時を経て、現在では世界38カ国のプレミアムサロンにてサロン専売品として愛され続けてきました。

世界で愛されている、ラ・ビオステティークの本社はフランス・パリにあります。
ファッションへの気品さや情熱、アート、そして文化。これら全てが、美学の精神を持ち続ける街とつながっています。そしてこのすべてが<ラ・ビオステティーク>の思想、感情、行動を刺激し導いています。それがパリを本拠地とする由縁です。
世界に誇るメイド イン ドイツの証が、モノづくりの精密さと完璧さを兼ね備えています。
ラ・ビオステティークの製品はブラックフォレストの郊外、プフォルツハイムで研究し、製造されています。

Comited to Nature

私たちは自然環境に責任を持っています。

再生可能エネルギー
当社のグローバル本社はグリーン電力で運営されています。

カーボンフットプリント(CO2・温室効果ガスへの取り組み)
生産活動で排出した温室効果ガスが相殺されゼロになる取り組みをヨーロッパを経由して行っています。
最も信頼できる生物多様性(バイオダイバーズ)の中心として活動している、Greenfleet(オーストラリア、ニュージーランドで森を再生する活動をおこなっている非営利団体)と提携して、オーストラリア周辺の植林プロジェクトを支援しています。

リサイクル
当社の出荷製品はリサイクル可能な材料から作られています。

責任ある調達
当社の製品の原料の多くは、管理農場で栽培・収穫され、持続的供給が可能です。これは、ひまわりオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、などのような多くのオイルをカバーしています。また、原材料の一部についてもフェアトレード(公平貿易)をサポートしています。

生分解性
すべての天然成分は生分解性です。私たちの合成成分の多くは、バイオミメティックスの特性のため、生分解性です。パラベン、安息香酸、安息香酸ナトリウムは、合成ですが合成香料(ネイチャーアンデンティカル)(天然に見出されている合成香料)であり、環境に安全です。

生産と試験プロセス
製品の原料は慎重に調達され、ドイツの最先端の研究所で厳格にテストされています。当社の製品は大学病院と協力して、独立した研究機関によって科学的にテストされ皮膚科学的に確認さています。全ての商品はEU標準を満たした後、日本国内にて精密に検査されています。

動物の安全
動物実験を厳しく禁じています。

動物性製品
私たちの製品には動物性成分は含まれていません。
ただし、蜜蝋(口紅化粧品:日本未発売2019年現在)や、ケラチンやラノリン(羊毛由来)などの動物由来のものが含まれている場合があります。

安全な原材料
創設者Marcel Contierのバイオケミストリーに対する発見と情熱を受けて、体と生物学的バランスがとれるように製品を製造しています。これが、天然成分と同一成分の使用が常に優先される理由です。化学成分の使用は欧州連合(EU)で厳しく規制されているため、すべての製品で高い水準の安全性が保証されています。